学校給食のルーツを探れ!

明治22年
(1889年)
おぼうさんが、お経をとなえ一軒一軒家をまわり、お米やお金をいただき弁当を持ってこれない子どもたちに昼食を作りました。

おにぎり
煮びたし
塩びき
鶴岡市の家中新町の大督寺境内にある私立忠愛小学校で、生活が苦しい家庭の子どもを対象に昼食を与えたのが、日本の学校給食のはじまりと言われています。

明治30年
(1897年)
学校火災により忠愛小学校焼失
明治33年
(1900年)
忠愛協会を設立し、昭和20年まで継続。戦争によって自然中止となる。
(朝食…おかゆ 夜食…糧食)
昭和21年
(1946年)
ララアジア救済連盟の奉仕品、ララ物資の贈呈式が行われ東京都、神奈川県、千葉県の児童25万人に、学校給食が実施されました。
(12月24日 学校給食感謝の日)

コッペパン
ミルク
けんちん煮
食器の材質 アルマイト
昭和22年
(1947年)
朝暘1小〜5小 6172名の給食を24名の調理員で実施しました。
パン、脱脂粉乳、ララ物資による材料を調理しました。
昭和29年
(1954年)
学校給食法が制定されました。
昭和34年
(1959年)
学校給食70周年記念式典開催
発祥の地大督寺に「記念碑」を建立



発祥の地「記念碑」と記念碑文
昭和40年
(1965年)
山形県で初めて学校給食共同調理場が建てられ、小中学校全校の給食を実施しました。
38校(小26校 中12校 17,590人) 現みどり町中央公民館

発足当時の搬送は木製ボックスを利用した。 冬期間、搬送車の行けない学校へは、ソリを利用したり、背負って運んだりした。

食パン
牛乳
酢豚
りんご
ジャム
昭和52年
(1977年)
米飯給食週1回実施

ポテトあんかけ
ハムとチーズのサンドフライ
ほうれん草のごま和え

牛乳
食器の材質 アルマイト

●給食費 小160円 中190円
昭和54年
(1979年)
米飯給食週2回実施
●給食費 小180円 中215円
昭和62年
(1987年)
大泉中学校跡地に、新しい学校給食センターが建てられました。
一棟二調理場 ドライ方式

小さいツイストパン
牛乳
冷拌麺
ミニトマト
鶏肉の朝鮮焼き
食器の材質 ポリプロピレン
昭和63年
(1988年)
米飯給食週3回実施
平成元年
(1989年)
米飯給食週4回実施
学校給食100年事業の一環として「おにぎり給食」を実施

おにぎり
塩びき
煮びたし
牛乳
平成5年
(1993年)
初のバイキング給食を試みました。
4月 大泉小学校 6年対象
11月 斎小学校 6年対象
平成6年
(1994年)
モデル校によるバイキング給食の実施
7月 湯田川小学校
9月 朝暘第六小学校
10月 湯野浜小学校
11月 三瀬小学校、朝暘第三小学校、上郷小学校
平成7年
(1995年)
思い出バイキング給食の実施(6年生対象)
平成8年
(1996年)
友好都市 江戸川区と献立交流開始

深川丼の具
ささみチーズサンドフライ
伊予柑
わかめスープ
牛乳
平成9年
(1997年)
学校の統合により、小21校、中6校

栗ごはん
牛乳
鯖のみりん干し焼き
ごぼうサラダ
すまし汁
みかん
食器の材質 ポリカーボネート

学校給食まつり開催
平成10年
(1998年)
学校給食優良校の共同調理場部門で、文部大臣表彰を受賞
平成13年
(2001年)
食生活に関する教育実践事業の一環として「シェフが学校給食に挑戦!」を開催